HOME>アーカイブ>自分だけにできる仕事を見つけて社会に貢献

好きなことを仕事にする

作業員

サラリーマンは安定しているけれども退屈だ、自分だけにできる仕事を見つけたいという方は少なくありません。ものづくり仕事の魅力のひとつは、好きなことで食べていけるという点でしょう。一人前の職人になって独立すれば、世間からも高く評価され、自分のペースで仕事を続けることができます。ただし、それまでには相当の苦労を味わう覚悟がなければなりません。修行は厳しいし、収入も会社員より低く、その道がよほど好きでなければ耐えるのは難しいでしょう。そうした苦労を乗り越えた人だけが、一流のものづくり職人になることができます。ものづくり仕事は刀鍛冶など特殊なものを除けば、まったく自己流でも始められますが、社会で通用するかどうかは別問題です。一般には先輩の職人に弟子入りするのが近道ですが、伝統工芸などは世襲制になっている場合も多く、簡単に弟子入りを認めてもらえるとは限りません。

最近では求人サイトでも

男性作業員

とはいえ近年では地域おこしなどの必要性から、積極的に求人活動を行っている工房も見られます。ものづくり仕事の種類によっては、あらかじめ専門学校などで基礎を学ぶことが可能です。その道の学校に通っていれば、就職に繋がる情報を入手しやすいでしょう。また会社組織になっていて、職人を社員として採用している工房もあります。修行期間の厳しさは変わりませんが、多少は安定した身分や収入が期待できます。ものづくり仕事の求人が一般的な求人サイトで紹介されることは多くありませんが、よく注意していれば見つかる場合もあります。また職種ごとに特化した、ものづくり仕事の専門サイトもあるので、興味のある方は覗いてみると良いでしょう。

広告募集中